よもやまな四季報

北総線における新サインシステムの展開と課題

新京成線における鎌ケ谷市内連続立体交差事業の進捗による同線新鎌ヶ谷駅本屋の供用開始に先立ち,本年度4月より北総線同駅のリニューアル工事が進んでいる。これにあわせて同駅では5月末よりサインシステムの見直しが図られている。本稿では,北総線におけるサインシステムの位置づけと施策展開について振り返るとともに,旧来サインシステムの課題点を明らかにし,新サインシステムの設備状況を通じてその評価を行うものである。

投稿:2019-06-16/カテゴリ: 施設・電気/コメント:中止中

北総線中間閉塞区間のC-ATS化がはじまる

北総線のATS事情に大きな変化が生じそうだ。

連動駅構内とその場内外方1閉塞のみの導入に留まっていた新ATSのC-ATSだが,旧来の1号型ATSのまま運用されている高砂~矢切間の中間閉塞区間において導入に向けた工事が始まっている。

本記事では北総線のATS事情をおさらいしつつ,工事の現状と今後の展望について検討,紹介している。

投稿:2019-05-25/カテゴリ: 施設・電気/コメント:中止中

北総線よもやま話1904

2019年4月の北総線よもやま話。このよもやま話は将来的に四季報として纏めていく前段階の落書きコーナー。

新年度あけましておめでとうございますということで,年度初めはあまり書く内容がないかなと思っていたら結構な文量に。昨年度の遺産と合わせて見ていきましょ~

「北総線よもやま話1904」の続きを読む

投稿:2019-05-02/カテゴリ: よもやま話/コメント:中止中