トップページ > 資料室:駅・旅客 > 乗車券類:北総線各駅改札鋏の一覧

公開日:2019年3月31日

乗車券類:北総線各駅改札鋏の一覧

自動改札機が普及した今では改札鋏を見る機会はすっかりなくなってしまったが,北総線の各駅には今でも改札鋏が現役で使われている。

開業から40年を数えているとはいえ,北総線の歴史は他の鉄道事業者に比べれば浅い。北総線の開業した1979年といえば,まだまだ全国的な普及には至っていなかったものの,自動改札機も磁気を塗布した切符も実用化されていた時代である。徹底的な合理化を掲げていた北総線にとって,自動改札機や磁気券を発券する自動券売機の導入は当然のことであった。

だからこそ,北総線にとって改札鋏とは馴染みのない言葉に映る。ところが磁気をエンコードされていない切符というのは,例えば記念乗車券や補充券など切っても切れない縁にあった。1991年に2期線が開業すると,ついに自動改札機を導入せずに旧態依然とした出改札のラッチを設備する駅も出てきた。硬券による記念乗車券も発売されたし,千葉ニュータウン中央駅に至っては日常的に硬券を売っていたのだ。こうした状況をふまえ,各駅には改札鋏とスタンパーが常備されていた。どちらを使うかは駅係員の裁量に任されていたようで,使い勝手のよい方を選んで使っていたという。

とはいえ,日常の利用で補充券にお世話になるようなことはほとんどない。それでも北総線で改札鋏を見る機会はいくつかある。例えば,線内3箇所の定期券発売所で定期券を購入した際の帰りの乗車証に入鋏してもらう場合。例えば,北総線各駅と成田スカイアクセス線各駅を相互発着する回数券に入鋏してもらう場合。いずれも磁気がエンコードされていないので,窓口で入鋏する必要があるのだ。

聞くところによると,最近はスタンパーよりも改札鋏を優先的に使うのだという。スタンパーではインクが乾かぬ間に手で触れたりして汚れてしまうからだとか。

新柴又矢切北国分秋山東松戸
松飛台大町新鎌ヶ谷西白井白井
小室千葉NT中央印西牧の原印旛日本医大予備鋏

※予備鋏は2019年4月現在,新鎌ヶ谷駅連絡口にて使用している