トップページ > 資料室:工務・技術 > 信号保安:北総線の連動駅とその種類

公開日:2018年4月1日

信号保安:北総線の連動駅とその種類

北総線における継電連動と電子連動

北総線内の連動駅は,1979年の開業時点では,小室,西白井,新鎌ヶ谷信号所の3箇所であった。いずれも継電連動によるもので,その後延伸した千葉ニュータウン中央,矢切,印西牧の原,印旛日本医大と,印旛車両基地も継電連動である。したがって,数年前まで北総線内の連動駅は全て第一種継電連動であった。

成田スカイアクセス線の開業に際して行った配線改良では,各連動駅の連動装置に大きな改修が必要となった。既存連動駅の矢切,小室,印西牧の原は,継電連動のまま設備の改良を行うことができた。また,西白井と千葉ニュータウン中央は,既に使用しなくなって久しい渡り線を撤去し,いわゆるスリム化によって連動駅から外れた。ただし,西白井には旧車両区を活用した保守基地があるため,横取り装置に変更した上で,運行管理システムもこれに対応したものに改修している。

問題となったのは新鎌ヶ谷と印旛日本医大で,機器室の広さの制約が厳しく,継電連動のまま改修が不可能だった。この2駅は電子連動に切替えて対応せざるを得なかった。電子連動導入に際しては,雷害の多い路線である実情を踏まえた設計が求められた。ここでは,電子端末ではなくリレー架を設けてIF部とすることで,雷害対策とした。

2007年度に1号線各者間で仕様策定された新たな自動列車停止装置であるC-ATSは,北総線では他者と異なり,いわゆる拠点方式で連動駅構内のみに整備することとしている。この整備は,先の連動駅改修が完了した2009年度より順次行われたが,連動設備廃止が決まっていた駅については当初より対象外としていたため,1号型のまま残置されている。また,車両基地と入出庫線はC-ATSの対象外としていたが,後にごく一部のみC-ATSとした模様。

なお,連動駅の進路設定であるが,北総線内は副本線であっても通過させることができる。

駅名配線区分連動の種類北方からの進入南方への進出南方からの進入北方への進出
新柴又高架2面2線非連動駅――――――――――
矢切地下2面4線連動駅第一種継電連動1・2T1・2T3・4T1~4T
北国分掘割2面2線非連動駅――――――――――
秋山半地下2面2線非連動駅――――――――――
東松戸高架1面2線
→高架2面4線
非連動駅
→連動駅
第一種継電連動1・2T1・2T3・4T3・4T
松飛台高架2面2線非連動駅――――――――――
大町高架2面2線非連動駅――――――――――
新鎌ヶ谷高架2面4線連動駅第一種継電連動
→第一種電子連動
3T
→1・2T
高砂方は1~4T
北初富方は3T

→1~4T
1~4T
→3・4T
4T
→3・4T
西白井掘割1面2線連動駅
→非連動駅
第一種継電連動1・2T1T2T
→1・2T
2T
白井掘割1面2線非連動駅――――――――――
小室掘割1面2線
→掘割2面3線
連動駅第一種継電連動1T1・2T
→1T
1・2T
→2・3T
2T
→2・3T
千葉NT中央掘割1面2線連動駅
→非連動駅
第一種継電連動1T1・2T1・2T2T
印西牧の原掘割2面4線連動駅第一種継電連動日医大方からは1Tのみ
車両基地方からは1~4T

→日医大方からは1・2T
車両基地方からは1~4T
1・4T
→1~4T
1・4T
→1~4T
日医大方は4Tのみ
車両基地方は1~4T

→日医大方は3・2T
車両基地方は1~4T
印旛日本医大掘割1面2線連動駅第一種継電連動
→第一種電子連動
1T1T1・2T2T
車両基地地平連動第一種継電連動煩雑なため省略