トップページ > 資料室:工務・技術 > 電力:北総線の変電所・饋電区分所の一覧

公開日:2018年4月1日

電力:北総線の変電所・饋電区分所の一覧

概要

直流饋電の北総線における変電所(SS)は,全線合わせて6箇所である。その内訳は,北総1期区間に鎌ケ谷,白井の2箇所,北総2期区間に矢切,紙敷の2箇所,公団1期区間に船尾の1箇所,公団2期区間に草深の1箇所である。各SS間の距離は約5kmで,一般的な直流饋電区間と言える。

電力の受電は全て東京電力からの買電で賄っている。受電電圧は鎌ケ谷以南の3箇所が154kVである。これは東京電力からの要請によるものだが,とりわけ1970年代に開設された鎌ケ谷SSではまだ類例が少なく,私鉄初の154kV受電SSとなった経緯がある。白井以北の3箇所は66kV受電である。いずれのSSも2回線受電であり,同じ東電印西線から受電している船尾と草深では