トップページ > 資料室:施設・電気 > 電力変配電:北総線の変電所・饋電区分所の一覧

公開日:2018年4月1日

電力変配電:北総線の変電所・饋電区分所の一覧

概要

北総線における電気方式は,相互直通運転を行う他社局にあわせ直流1500V架空単線式となっている。これを支える変電所設備は,全線に約5km間隔で配置された6箇所の変電所(SS)と2箇所の饋電区分所(SP)によって構成されている。

変電所の内訳は起点方から矢切,紙敷,鎌ケ谷,白井,船尾,草深となっており,このうち矢切と紙敷が北総2期区間,鎌ケ谷と白井が北総1期区間,残る船尾と草深は旧・公団線区間に位置する。船尾と草深の2変電所は周辺環境を考慮して屋内型の電鉄変電所である。なお余談だが,変電所名称が決定する以前の計画時点の仮称では,起点方から第1変電所,第2変電所…と呼称されていた。

自社による発電所を持たない北総において,変電所はすべて東京電力からの売電により賄っており,T分岐にて受電している。その受電電圧は矢切,紙敷,鎌ケ谷の3変電所が154kVで,白井,船尾,草深の3変電所は66kVと異なっている。154kV受電となった経緯については,電力供給事業者である東京電力側からの要請によるものとされているが,66kV送電線を設備する費用などの圧縮に寄与している。経済性の観点では,送電線の引込鉄塔を変電所用地内に設け,ガス絶縁開閉装置(GIS)に直接引き込むことで受電機構を省略するなどの工夫も見られる。ちなみに,鎌ケ谷SSが開設された1978年度当時には154kV受電の電鉄変電所はまだ少なく,これが私鉄初の154kV受電変電所であったという。