2018年4月7日公開・ 最終更新

ダイヤ作成:北総線の運転時分と停車時分

運転時分と停車時分

ダイヤを作成し,運用していく上で重要となる数値の一つに運転時分というものがある。意味は字面の通りで,ある区間を運転する列車の計画所要時間である。ダイヤ作成においては,基準となる標準的な運転時分を定めていて,北総では(社名と一部種別違いな京成も)ダイヤグラムの左側に各種別の運転時分が載っている。停車時分はある特定の駅における基準となる停車時間を指す。

ダイヤグラム上に載っている運転時分や停車時分は最も基本的な基準の数値で,必ずしもこの数値で1日中全てのスジ(列車)を引いているわけではない。利用者の増えるラッシュ時間帯には当然乗降に時間がかかるし,待避などで副本線に入る場合に分岐器や

この記事の続きは会員向けに公開しています。
会員登録するログインすると全文を閲覧できます。