トップページ > 資料室:車両 > 検査履歴表:北総7000形・千葉ニュータウン鉄道9000形

公開日:2018年4月8日

検査履歴表:北総7000形・千葉ニュータウン鉄道9000形

検査履歴・車歴表

北総7000形CNT9000(2000)形
7002編成7004編成7006編成9008(2001)編成9018(2002)編成
種別年月種別年月種別年月種別年月種別年月
新製1979.01新製1979.02新製1979.01新製1983.11新製1983.12
重検1981.01?重検1981.02?重検1981.01?重検1985.11?重検1985.12?
全検1983.01?全検1983.02?全検1983.01?全検1987.11?全検1987.12?
重検1985.01?重検1985.02?重検1985.01?8両編成化1990.128両編成化1990.12
全検1986.10全検1987.02?全検1987.01?全検1991.01椚★※全検1991.02椚★※
重検1989.10★重検1990.03★重検1989.12★全検1994.06椚◆全検1994.08椚◆
8両編成化1990.118両編成化1990.128両編成化1990.12全検1995.07椚重検1997.08椚
全検1992.10※全検1993.03※全検1992.12※全検1997.07椚全検2001.09
重検1995.10重検1996.03重検1995.12重検2001.08重検2005.07
全検1998.05全検1999.03全検1998.12全検2005.06全検2009.06
重検2002.5重検2003.04重検2002.06重検2009.05重検2013.05
廃車2006.03廃車2007.03廃車2006.03廃車2013.03廃車2017.03
検査期限
――――――――――

7000形・9000(2000)形の都心直通対応

両形式は登場時点で1号線直通規格に即した設計だったが,実務的な取扱いの面で改造を要することになり,この改造は1989年度以降に実施された。これは,中間車の増車による8両編成化を見越した改造でもあり,母線引通し,客室への非常通報器設置と外板への非常通報器表示灯の設置などがあった。この改造が上表中の★印にあたり,7000形は1989年度の検査入場に合わせて,2000形は1990年度の検査入場に合わせてそれぞれ施工した。

1号線直通規格には定められていない(加えて,両形式を設計した当時この要求は存在しなかった)項目であるが,京急線直通に際して先頭車の制御電動車化を求められた。これを都心直通改造のメニューに含めることができれば理想的だったが,時期など諸般の事情により,同時に施工できたのは公団予算の2000形だけであった。7000形は次回検査時の施工に繰り延べされ,暫定的に制御車のまま直通することになった。こうして,1992年度の検査入場時に7000形はTc車とM2車の台車を取替え,配線の引き回しを大幅に変え,2号車と3号車の連結順を入れ替え…と大改造を行った。これが※印の内容である。

さらに,京急2000形との形式重複(車号上の重複はなかった上,2000形の形式自体は京急直通以前にも新京成と重複していた)が問題となったことで,1994年度の検査入場に合わせて2000形は9000形へ改形式されている。これが表中の◆印の内容である。都心直通改造と制御電動車化こそ一度にすっきり出来た2000形も結局…というオチで,両形式とも落ち着かない感じの車歴表になるのはどこまでも兄弟車らしい。

△1978年の東急車輛での7006号車製造時

△1992年10月の宗吾工場への7002編成検査入場


△1995年の椚山工場への9008編成検査入場

△2013年5月の9018編成検査出場と9008編成廃車解体