トップページ > 資料室:車両 > 車両基礎:北総車の定期検査と周期

公開日:2018年3月21日

車両基礎:北総車の定期検査と周期

はしりがきめも。

言うまでもなく鉄道は公共交通機関のひとつとして一般に広く供され,公共の福祉の増進に資するものであるが,その前提には安全安定輸送の確保がある。すなわち鉄道輸送に欠かせない車両においても安全の確保は絶対であるが,わが国においては法令等により技術上の安全が確保されるように努められてきた。今日では技術基準省令において定期検査の周期と部位,方法を定めて行うことが定められている(技術基準省令90条)。これに基づき,北総線においても「車両整備実施基準」でその内容が定められており,基準に沿った定期検査によって車両の保守・管理が今日までなされてきた。

本稿は,北総線における旅客車両の定期検査周期と内容について,ざっくりまとめたものである。

検査の種別

列車検査

列車検査とは,消耗品や主要機器の機能について,車両を分解せずに行う(在姿)検査を指す。最も高頻度に行われる検査がこれで,1日あたり2編成程度が列車検査を受ける。

走行装置(台車,車輪,緩衝器,駆動装置),主回路機器(集電装置,主電動機,主抵抗器),制動装置(弁,シリンダ,制輪子),コンプレッサ,補助電源装置,連結栓,冷暖房装置,戸閉機,灯具,ATS等に対し,損傷や摩耗,取付状態を確認している。

なお,この検査は定期検査に含まれない。

月検査

月検査という字面をそのままにとると,さも毎月必要な検査のように思えるが,実際には3ヶ月ごとの検査である。正確な記述をすれば,3ヶ月を超えない期間ごとに行う検査を月検査と呼ぶ。

定期検査としては最も高頻度に行う検査であり,北総が印旛車両基地で行える唯一の定期検査である。