トップページ > 資料室:車両 > 基礎データ:千葉ニュータウン鉄道9000形

公開日:2018年4月8日

基礎データ:千葉ニュータウン鉄道9000形

基本データ

△外観

千葉ニュータウン鉄道9000形電車
形式9000形
在籍車両数全車廃止済
8両2編成(9018~9011/9008~9001)
移動円滑化基準対応車椅子スペース(32条):なし
車内案内表示器(32条5,6項):なし
転落防止幌(33条):なし
ドアチャイム(31条5項):なし
資産区分千葉ニュータウン鉄道 所有
北総鉄道 管理委託

△車内

M2cM1TM2'M1'TM1M2c
9008車号90089007900690059004900390029001
元番20012701260125012401230122012101
入籍1983/11/24
日本車輌製造
1990/12/3
日本車輌製造
1983/11/24
日本車輌製造
除籍2013/3/1
9018車号90189017901690159014901390129011
元番20022702260225022402230222022102
入籍1983/12/7
日本車輌製造
1990/12/5
日本車輌製造
1983/12/7
日本車輌製造
除籍2017/3/23

要目表

基本形式9000形
記号番号9001-B9005900290049003
車種M2cSM2cNM2'M1M1'T
空車時自重32.5t34.5t34.0t29.0t
最大寸法長さ18000mm
2780mm
高さ4040mm
(クーラーキセ)
4050mm
(パンタ折畳)
4040mm
(クーラーキセ)
定員(座席)140(48)人140(56)人
台車KHS-101(川重)KHS-001(川重)
車体構体材質SUS301 SS(台枠の一部)
仕上#80BG
側窓種別TP5
走行機能最高速度営業105km/h
設計120km/h
加速度起動3.33km/h/s(200%定員まで)
減速度常用4.0km/h/s(200%定員まで)
非常4.5km/h/s(200%定員まで)
集電装置種別――電磁鈎外し装置付
バネ上昇空気下降式
パンタグラフ
――
型式――PT4312S-B-M(東洋)――
制御装置種別――応荷重装置・
電力回生ブレーキ付
電動カム軸式
分巻界磁チョッパ制御
(1C8M)
――
型式――ACRF-H8130-771A(東洋)――
駆動装置種別平行可撓歯車継手式一段減速駆動――
歯車比85:16――
型式WN-1063-AFM(三菱)――
主電動機種別直流複巻補極補償巻線付自己通風丸形――
出力数量130kW×4――
型式MB-3231-AC2(三菱)――
制動装置種別応荷重装置・保安ブレーキ付電力回生ブレーキ併用電磁直通空気ブレーキ
方式HSC-R
補助機器空気圧縮機種別二段圧縮単動形電動機直結式 ――
容量2002/min――
型式C-2000ML(三菱) ――
補助電源装置種別――静止型
コンバータ・
インバータ
――静止型
コンバータ・
インバータ
容量――110kVA――110kVA
型式――BS-483-B
(東芝)
――BS482-H
(東芝)
蓄電池区分非常用常用――
容量40Ah――
連結装置先頭連結器種別小型密着自動連結器――
型式CSC-61――
中間連結器種別M2c車-M1車間,T車-M2'車およびM1'車間:小型密着自動連結器
M1車-T車間,M2'車-M1'車間:半永久形棒連結器
型式小型密着自動連結器:CSC-61
半永久形棒連結器:CSE-79
緩衝器種別ゴム緩衝器
型式SR-504B2
電気連結器種別102芯連結器
保安装置自動列車停止装置1号形ATS・C-ATS――
列車無線装置大地帰路式誘導無線
空間波無線(使用停止)
――
空調設備冷房装置種別屋根上集中式クーラ
容量数量36000kcal/h×1
型式CU-71D1(三菱) 他
暖房装置種別反射形アルミカシーズ線式
容量数量600W×18
750W×1(乗務員室)
300W×1(乗務員室)
600W×20
型式STN-18(三菱)
換気装置種別数量φ80横流ファン×5φ80横流ファン×6
客室設備戸閉機種別単シリンダ駆動Vベルト方式
型式Y1-E-M(東洋)
座席構造長手固定モケット地ポリウレタンフォーム(ばね支持)
有効幅420mm/人
客室照明装置種別数量ラピッドスタート形
直管蛍光灯×16
(うち予備灯兼用×3)
ラピッドスタート形
直管蛍光灯×18
(うち予備灯兼用×3)
行先種別表示器種別行先種別分割光センサ式電動方向幕
車内案内表示器種別――
放送装置数量客室スピーカ×6
非常通報装置種別押し釦スイッチ式
その他保有両数2両2両2両4両2両4両
製造初年1983年1990年1983年1990年1983年