トップページ > 資料室:車両 > 一覧:北総車の冷房機

公開日:2018年3月18日

一覧:北総車の冷房機

CU765B

9100形向けの冷房機。メーカは三菱。集中式で1両に1台を搭載し,冷房能力は1台あたり36,000kcal/hである。電源は旧機種と互換させるため三相交流440V/60Hzのままで,循環風量も110m3/minで据え置かれたとみられる。

マイコン制御であるが,7300形の空調操作器とは異なり,ラインデリア強制入切機能に対応。

同形式の製造当初から使用してきたCU765A-G1の置換え用として,2010年3月の9108編成から交換開始。2012年10月に9124~9121号車の換装を行い,全車がCU765B搭載となった。外見上ではキセの穴の数やキセ前後のFRP製部材が無くなったことが注目点か。



CU718

7500形・9200形向けの冷房機。メーカは三菱で,日車製造分の7502・7503・9201の各編成が各車1台を搭載する集中式。冷房能力は40,000kcal/hである。

9100形同様,空調操作器は6ボタンタイプで,除湿・冷房・暖房・自動運転切・ラインデリア強制入・強制切を選択可。

この機種は当初から冷媒をノンフロンのR407Cとしているため,今のところは経年交換も同一品に置き換えているだけの模様。

CU716A

7300形・7800形・9800形向けの冷房機。メーカは三菱で,7308・7808・7818・7828の各編成に1両あたり2台搭載する集約分散式。冷房能力は1台あたり18,000kcal/hで,循環風量は45m3/min。電源は三相交流440V/60Hzである。

制御は旧機種同様にマイコンによるもので,乗務員室内の空調操作器で行う。除湿・冷房・暖房・自動運転切の4モードが選択可。9100形と異なり,操作器からのラインデリア強制入切は不可能(ボタンが無い)。

旧機種は三菱CU716で,性能仕様は同一。外見上の違いとしては,キセの肩部にRが付いた点が特に目立つ。2007年度?よりノンフロン冷媒化の流れで旧機種から順次交換されており,既に全車更新済み。

 


RPU-11013

CU718の東芝版。性能仕様はCU718と同一で,単にメーカが異なるのみだが,外見上はキセの形状が全く違う。

東急製に搭載され,7501編成のみこの冷房機を見ることが出来る。

RPU-6006A

CU716Aの東芝版。こちらも性能仕様はCU716Aと同一でメーカ違いというところだが,やはり外見上はキセが全く違う。

7318編成と9808編成に搭載される。

 

CU765A

9100形の旧機種。1994年から2012年まで使用。性能はCU765Bと互換するが,冷媒が異なるとみられる。

同時期の通勤車に見られたFRP製カバーが特徴。

CU716/RPU-6006

7300形ほかの旧機種。それぞれ冷媒を変えた新機種に置き換わった。CU716が三菱製で,RPU-6006が東芝製。前者は後継機種のCU716Aと比べ肩部にRがない。

CU71D-1ほか

9000形向けの冷房機で三菱製。当初はCU71D-1だったが,1990年代に肩部の造形が異なるものに置き換わり,さらに2003年より9004・9005と9018~9011がCU71F系とみられる機種に換装された。

いずれも性能は同一とみられ,冷房能力は36,000kcal/h,電源はAC200Vである。なお,CU71D-1は予備機として車庫に保管されていたようで,9008編成の廃車直前の2012年9月末に9018編成の予備品確保を目的として,9004号車のCU71FをCU71D-1に戻して運用した。

操作は乗務員室内の空調操作器により,モードは暖房・冷房・送風・切から選択可能。暖房と冷房はそれぞれ20℃と25℃の設定温度まで自動調整され,ユニットごとに動作制御が行われる。除湿機能は無い。

△CU71D-1

△90年代から増えたCU71D亜種


△最も新しかったCU71F系

△CU71F系から側面のキセを外すとこんな感じだった


CU15R

△キセを外して吊り上げられるCU15R



7260形用冷房機で三菱製。各車3台を搭載し,冷房能力は10,500kcal/hである。電源はMGからのAC440Vによる。

空調操作は乗務員室内の空調操作器によるが,冷房・暖房・切の3モードのみ選択可。冷房と扇風機は連動せず,操作器下部の扇風機入切から行う。除湿機能は無い。