活動報告

車両

北総線車両関係四季報2020-3Q

2020年度第3四半期(10~12月)における北総線車両関係の気になる話題をまとめたもの。昨年度から引続き9100形の前照灯LED化が進められたほか,第2四半期中の無線局免許交付を受けたデジタル列車無線の車上局本設工事といった大規模な車両工事が動き出したことに加え,青砥駅構内脱線事故に伴う台車の調査や振替が行われ,長期間休車状態の7818編成にも動きがみられた。

この記事の続きは会員向けに公開しています。
会員登録するログインすると全文を閲覧できます。