施設・電気

北総線工務関係四季報2020-2Q

2020年度第2四半期(7~9月)における北総線工務関係の気になる話題をまとめたもの。年度内の運用開始を目指す新列車無線(デジタルSR)に係る無線局免許が地上・車上ともに交付され,地上設備の整備が本格的に始まったほか,大町駅バリアフリー化工事が着手されるなど,昨今の社会的状況から例年のような工事量は見込めないものの,自己・部外ともに規模感のある工事が動き出している。

この記事の続きは会員向けに公開しています。
会員登録するログインすると全文を閲覧できます。