施設・電気

北総線中間閉塞区間のC-ATS化がはじまる

北総線のATS事情に大きな変化が生じそうだ。

連動駅構内とその場内外方1閉塞のみの導入に留まっていた新ATSのC-ATSだが,旧来の1号型ATSのまま運用されている高砂~矢切間の中間閉塞区間において導入に向けた工事が始まっている。

本記事では北総線のATS事情をおさらいしつつ,工事の現状と今後の展望について検討,紹介している。

この記事の続きは会員向けに公開しています。
会員登録するログインすると全文を閲覧できます。