2018年3月26日公開・ 最終更新

サインシステム:北総線サインシステムの歴史

1978年度の北総1期線開業に合わせて導入したサインシステム。デザインは黎デザイン総合計画研究所を含む北総開発鉄道デザイン・ポリシー委員会。丸ゴシック体の使用や上下に配した帯色など,今日までの北総線サインシステムの基本となるデザインである。

「乗車系に緑,降車系に黄色」という約束色の概念を持ち込んだのも特徴のひとつで,濃青色のベースカラーにヌキ文字で表現している。約束色はサイン上下の帯と文字色に適用される。それぞれの正式な色名は,

この記事の続きは会員向けに公開しています。
会員登録するログインすると全文を閲覧できます。