北総線の歴代自動券売機の一覧

2012年5月9日公開・ 最終更新

歴代機種一覧

単能機(日本信号・東芝)

広報用パンフレット『「1979」駅務システム』より

△広報用パンフレット『「1979」駅務システム』より

1979年の北総線1期区間の開業時に導入された機器。日本信号製。1977年に定められた「駅業務集中化方式」をもとにデザイン・ポリシー研究会でデザインが検討されたもの。

外観は「入口系は緑」という約束色に基いて緑色を採用。これが今日までの券売機の配色に影響していると思われる。

紙幣は使用できず,硬貨を100円・50円・10円の3種類別々に設けられた投入口から投入する。投入された硬貨は投入口下部にある覗き窓に見ることができ,覗き窓から枚数を数えることができる設計だった。印字は感熱ドット方式で,文字はやや荒くドットが判別できる。切符1枚あたりの発券時間はカタログスペックで3.5秒。

券売機は各駅に新京成線区間用と北総線各駅区間用それぞれ2台ずつ導入されたため,各駅に10台近い券売機が設置されていた。北総線区間用は運賃区別の単能機で,新京成線区間用は運賃区に関係なく購入できる多能機である。

単能機を導入した理由は,後の業界誌において「能率が良いと考えたから」という旨の回想がされているが,先の「駅業務集中化方式」においては「運賃改訂時に新たに設定する運賃額の機器を予め設置し,改訂日に既存機器の運賃区の表示を書換え,不要になった運賃額の機器を撤去する」という運用を想定していた旨が記されている。また,券売機と同様の外観・寸法で千円札からの両替機も設置された。

検討段階ではこれらの機器を出口側へ5度傾けた鋸刃状に設置する案もあったが,実現しなかった。1期区間各駅の出札所が広いのは大量の機器を設置していた名残である。

なお,公団線区間に当初導入された券売機は東芝製であるが,設備方針は北総と同じ。こちらは開業にあわせて一般向けにパンフレットも作られている。

多能機(日本信号)

1期区間の開業時に導入した単能機の代替として1985年度から導入された機種。能率優先で導入した単能機は,閑古鳥が鳴くような利用頻度の中で老朽化が進行したため,各駅1台の多機能機に集約された。資料はほとんど残っておらず,業務誌や統計年報において導入の言及があるのみ。

多能機(日本信号)

1991年の2期区間開業時には別の多機能機が各駅に導入された。自社線に加え,直通運転と連絡運輸をしていた京成・都営・京急・新京成の各線連絡乗車券の出札に対応する券売機である。

紙幣は1000円札のみ対応。カード対応のユニットが入っていないので,切符しか出せない。回数券は対応しているものと対応していないものがあった(当初はおおむね各駅に対応機1台,非対応機1台を配置)。

接客部のデザインは従来からの配色を踏襲しながらも,路線ごとに色を割り当てる考え方がここで登場。北総は白,京成はオレンジ,都営は黄色,京急は青,新京成は黄緑であった。

パスネット導入に際して回数券非対応機がSX-5で代替され,引続き残存した回数券対応機もパスモ対応の際にMX-7を導入したことで代替が進んだ。最後は新鎌ヶ谷に残っていたが,2009年度に淘汰された。

新多能機(日本信号)

前項の多能機のうち回数券非対応機を代替し,回数券対応機の配置を拡大するために1996年度より導入された。末期には矢切や白井など限られた駅にのみ配置があった。

接客部は自動券売機としては北総初の傾斜式で,操作性が大幅に向上している。さらに,5000円,10000円札の高額紙幣への対応も北総初であった。通常時は上部の液晶ディスプレイに発売可能な券種が表示される。

MX-7の導入によって2009年度までに置換えられ,現存しない。

SFカード対応機(日本信号SX-5)

パスネットへの対応を契機に2000年頃から各駅へ設置された機種。前項の新多能機と同様に,多能機のうち回数券非対応機を代替したが,一部の駅では利用者の増加にあわせて純増となった駅もあった。また,印西牧の原駅開業まで東芝製券売機を使用してきた公団線各駅は,印旛日本医大駅開業後にこの機種へ統一された。

接客部の外観こそ新多機能機に類似した傾斜式だが,機能面は大きく異なっている。SFカード対応ユニットの追加,土休日回数券や昼間回数券への対応,複数枚発売時の大人小人の組合せ発売対応などが追加され,後には2000円札にも対応した。

乗車券への磁気エンコード方式は,新京成以外がF2F,新京成線連絡がNRZ-1だった。なお,新京成線では,2013年度の改修によって新鎌ヶ谷駅乗換改札以外の改札機(新京成所有のオムロン機)でNRZ-1方式の乗車券に非対応となったため,この改修が行われた日以降,北総線内のSX-5は全機で新京成線連絡券の発売を停止した。この措置は同年度末までにMX-8券売機を導入してSX-5を置き換える前提で行われ,2013年度末を以って各駅からSX-5は撤去された。機番は1から順に振られていた。

マルチ券売機(日本信号MX-7)

△どちらもMX-7

2006年度末のパスモ導入によって交通系ICカード対応の券売機が必要となったが,当初は導入が間に合わず,日本信号製のチャージ機CH-7iで暫定対応していた。マルチ券売機MX-7は,チャージ機CH-7iの機能を兼ね備えた券売機であり,パスモ導入対応の一環として2007年度末に導入された機種である。

SX-5からの追加機能として,交通系ICカード対応機能,定期券発行機能が挙げられる。北総導入分の機種ではSFカード対応機能を省略しているが,京成導入分の機種にはSFカード対応機能があり,成田スカイアクセス線開業後に印旛日本医大駅へ設置されたアクセス線券売機(京成所有の51号機)にはパスネットの標記があった。

外観上の特徴としては,大型のカラーLCDタッチパネルを接客部・係員操作部ともに装備していることが挙げられる。化粧パネルはSX-5以前の黄緑色から青色に変わったが,これは定期券発行機能の有無を示すものである。2011年度以降にSX-5と合わせた黄緑色の化粧パネルのMX-7が導入されたが,このMX-7の定期券発行機能は通常は使用停止設定になっている。

日本信号によると定期券発行ユニットを持たない機種はSX-7として別の型番が与えられているが,北総においてSX-7の導入はない。前述の黄緑色のMX-7は,あくまで定期券発行機能を使用停止設定にしている状態で,処理部は青色のMX-7同様に実装されている。これは定期券発売の繁忙期に黄緑色のMX-7に対しても定期券発行機能が開放されることで確認できる。また,青色から黄緑色に改修されることもあり,2014年度に券売機台数を削減した白井と西白井では青色のMX-7を黄緑色に変更している(既存の青色のMX-7から定期券機能をオフにして黄緑化→定期券非対応のSX-5を玉突き代替)。

この機種から使用する券紙ロールが30mm幅から57.5mm幅に変わり,カット方向も従来の縦切りから横切りになった。また,設定した時刻になると自動的に連絡乗車券など指定した機能の設定を切入することができる機能もある。機番は35から順に振られているが,新規導入時から黄緑色のMX-7は+10した機番で区別される。

接客部のUIは初期画面で乗車券の着駅の路線を選ぶ構成だったが,2013年度末のソフト改修によって北総線・成田スカイアクセス線各駅と羽田空港2駅は初期画面から購入できるようにUIが変更された。

△ソフト改修後の初期画面

△黄緑色のMX-7でも定期券発売は可能


新マルチ券売機(日本信号MX-8)

老朽化したSX-5の代替を目的として2013年度に導入された新型マルチ券売機。

MX-7の後継機で,接客部においては硬貨投入口やテンキーの構造が改良されたほか,ICカード処理のレスポンスも向上している。接客部の上部パネルには監視カメラも設置され,防犯にも配慮されている。当初は全機が青色の定期券発売機として導入された。

機番はMX-7と異なり01から振られる。券売機を削減した矢切,西白井,白井は2013年度の設置対象外となった。


△先行改造された新柴又は「発売中」に英語表記がない

2018年度からはMX-8によるMX-7の代替が始まり,このとき原則として新しく導入する機器を定期券発売機としたことから,従来から定期券発売機であったMX-8は定期券非発売機に改修された。改修当初は従来の考え方と同じく定期券発売機能を使用停止にしているだけだったが,2020年度のクレジットカード使用可能ブランド拡大によるソフトウェア改修により,定期券発売機能は完全に使用できなくなっている。

この改修によって接客部のパネルは黄緑色となり,あわせて上部パネルは北総ロゴマークなどを配置した新たな意匠に変更された。非発売機に改修されたのは,新柴又,北国分,秋山,松飛台,大町,小室,印西牧の原の計7機。

マルチ券売機(日本信号MX-8・マイナーチェンジ機)

△定期券発売対応の新MX-8(中央) 左が従来のMX-8

2018年度からの2ヶ年で従来のマルチ券売機MX-7を代替するにあたり,新たに導入された機種。型番上はMX-8を名乗っているが,2013年度に導入された同型機とは細部が異なっている。

外観上の主な違いとしては以下の通り。

レジ部に搭載されているICカードユニットは2017年度末に導入した精算機AX-8と同様に全国交通系ICカード相互利用に対応したものであるが,接続する上位機器の都合か2018年度末時点では従来どおりパスモ・スイカのみ対応に留められている。このほか,釣り銭など各種ユニットの構造が変更されているようで,動作音が従来のMX-8と異なる。

ソフトウェアも従来機と別のようで,2019年度のソフト改修までICカード利用履歴の印字が異なっていた。また,2020年度にクレジットカードの利用ブランド拡大が行われた際には,マイナーチェンジ機に限って対応ソフトウェアが適用され,従来機は定期券発行機能を使用できなくした別のソフトウェアが適用された。このソフトウェア適用により,黄緑色の従来機では定期券発売が完全に不可能となった。

券売機の機番は従来機と異なり,代替前のMX-7から引き継がれている。代替前が35号機だった箇所は代替後も35号機を名乗っている。

△新MX-8はテンキーなどの細部が異なる

新京成マルチ券売機(オムロンV7)

△北総のMX-7と肩を並べる新京成V7

2013年度に新鎌ヶ谷駅に配置された新京成所有のマルチ券売機。もと薬園台駅3号機で,2013年4月1日から新鎌ヶ谷駅1号機として稼働している。新京成所有の券売機のため,北総の駅にある唯一のオムロン製券売機である。

新鎌ヶ谷駅で新京成線の定期券が買えない問題への対応として設置された。同駅の定期券発売所は北総管轄のため発売可能な定期券が北総線発着に限られているが,新京成線の定期券は新鎌ヶ谷駅以外の各駅では券売機による購入が可能であり,新鎌ヶ谷駅だけ買えないことを問題視した格好だ。

こうした経緯もあって券売機の機能は定期券発売機能に特化しているが,通常時はこれに加えてICカードへのチャージも可能である。また,新京成では障害者割引乗車券を係員の操作のもと券売機で発売しており,本機の導入によって新鎌ヶ谷駅でも券売機から購入可能となった。この際,通常は使用停止にしている普通乗車券の発売機能を開放して対応するため,これを戻し忘れた時に限って普通乗車券も購入できる。機番は01。

2019年6月15日終車をもって同駅への新京成線駅業務委託が終了したため,当該券売機についても撤去された。