トップページ > 資料室:歴史・その他 > 歴史計画:幻の北総線小室車庫の全貌

公開日:2014年2月24日

歴史計画:幻の北総線小室車庫の全貌

小室車庫計画

北総線の終点は印旛日本医大駅だが、東京1号線をベースとした北総元来の免許区間は小室駅までである。小室駅より東側の区間は、東京10号線(都営新宿線ルート)から来る千葉県営鉄道北千葉線のみが通され、暫定的に北総線に乗入れる時期もあるが、最終的には北総線と北千葉線は別々の路線となり、北総線の終点は小室駅で落ち着く筈だったのだ。

となれば、北総線の車庫施設はどうなるのだろうか。2000年7月に完成した都市公団車両基地(印旛車両基地)は、そもそも北千葉線の印旛車庫として計画されたもので北総線とは無縁であったし、1979年3月の北総線1期区間開業時に供用開始した西白井検車区は、計画人口34万人のニュータウン通勤路線の車庫としては収容能力が不足しているのは明らかである。

鉄道ピクトリアル誌1979年8月号によれば、北総線の車庫は小室地区に建設が予定されていたという。千葉県による北千葉線内のニュータウン第4駅(仮称:谷田駅)付近の用地買収が難航していたことから、この付近に計画されていた北総線小室車庫の用地取得に北総開発鉄道が着手することに県側が困惑し、買収を待つように要請されたのだ。結局、小室車庫を除いて北総線1期区間の建設工事が進められ、開業時期が迫ったことで暫定的に別の場所に車庫を建設せざるを得なくなり、西白井検車区が作られたというのである。

ピクトリアル誌の当該記事の執筆者は、北総開発鉄道の主任技術者であった黒岩源雄氏であるから、小室車庫の顛末は事実とみていいだろう。北総開発鉄道が小室車庫を諦めざるを得なかった事情は把握できたが、小室車庫の建設計画までは確認できていない。用地買収の手前まで計画が進んでいたのだから、設備の詳細は決まっていた筈である。なんとか調べられないものかと思っていたところ、別件での取材中に偶然、北総開発鉄道小室車庫の実測平面図を調べることができ、長年謎に包まれていた小室車庫の全体像を掴むことに成功した次第だ。この実測平面図をもとに配線を書き起こしてみたのが下の図である。

140224_syako

幻の小室車庫は15本の留置線に加え、検車や転削設備を持つ巨大な車庫であった。留置線の延長は200mで、18m車10両編成の運転を想定していたことが伺える。全ての線に車両を入れると20編成以上が収容可能で、8両編成22本が収容可能である馬込車両検修場(2014年時点の東京都の公表による)と同等クラスの収容能力であると言える。

ただし、設備的には日常的な検査しか行えないとみられ、重要部検査や全般検査といったものは他社に委託することを前提にしていたと思われる。この辺りは現在の印旛車両基地にも通じるところがある。

また、敷地内には社員寮や独身寮といった福利厚生施設も計画されており、完成していれば北総開発鉄道の重要な拠点となったことは間違いない。

 

ちなみに1979年3月当時の西白井検車区の配線略図は次の通りで、上の小室車庫と比べると収容能力の違いが明らかである。

140224_syako_2

 

小室車庫予定地の現状

2014年現在の小室車庫予定地の様子を見てみよう。

小室車庫は前述の経緯により用地買収を一切行わずに今に至っており、予定地の大半は未だに農地として利用され続けているが、周辺の計画道路には小室車庫の建設が見込まれていた当時の計画のまま建設されたとみられる箇所が確認できる。

 

小室駅の千葉ニュータウン中央寄りには、かつて保線車両の留置線が存在した。この留置線こそが、小室車庫出入庫線の小室駅側に繋がる線だったのである。130225_komuro

出入庫線の横には県営鉄道北千葉線の本線が建設される予定だった。それが写真に写っている北総線の高架橋である。小室駅と高架橋の間が直線的に結ばれていないのは、北総線と北千葉線という別々の路線同士を繋ぎ合わせたためで、元々の計画では、双方が真っ直ぐそれぞれの高架橋に繋がっている筈だったのだ。

なお、小室駅と出入庫線の間にはシーサスクロッシングが挿入され、小室駅は両側にシーサスクロッシングを持つ構造になる予定だった。小室車庫計画の延期・凍結により、出入庫線へのアプローチ部こそ保守車両留置線として建設されたが、出入庫線側のシーサスクロッシングは挿入されずに今に至っている。

 

小室駅を出て千葉ニュータウン中央駅方面へ歩くと、北総線と国道464号線との間に空き地が広がる。ここが小室車庫へのアプローチとなる高架橋の予定地である。

出入庫線は神崎川の手前で北側へカーブし、県営鉄道北千葉線(現在の北総線)の高架橋に別れを告げる。

140224_syako_3

出入庫線の高架橋は国道464号線と神崎川を相次いで跨ぎ、鎌倉橋付近を通って神崎川の東側(白井市側)に降りていく。

140224_syako_4

地上に降りると広大な小室車庫の敷地が広がる。神崎川と県道189号に挟まれた場所のほぼ全てが車庫となる計画だった。

県道189号側から小室車庫予定地を眺める。写真手前で囲われている部分が県道189号の敷地で、小室車庫はこれに隣接する形で計画されていた。

140224_syako_5

県道側には合計16線の留置線と入換線が広がる。車庫が完成した暁には10両編成の7000形がずらりと並んでいたかもしれない。

小室車庫建設時の西白井駅

もし小室車庫が建設されたとしたら、西白井駅はどうなっていただろうか。

計画通り車庫が作られたのだから、西白井に検車区を置く必要はないし、そもそも西白井検車区の用地は北千葉線西白井駅となる筈だった。それなら白井同様に1面2線の非連動駅になるだろう…と思ってしまうが、実はそうではない。本来の敷設計画によれば、西白井駅の小室方には引上線1線が作られる予定になっていて、当初から西白井での折返し運転を見込んでいたことが確認できた。

北総開発と千葉県営双方の計画をもとに西白井駅の配線図を書き起こしてみると次のようになる。

140224_syako_6

小室車庫の代替となる車庫予定地は別に白井でも西白井でも良かった筈だ。それでも北総開発鉄道が西白井を代替地に選んだのは、当初の計画時点で西白井折返しを考えていたことも理由の一つに挙げられるかもしれない。

ただし、計画上の西白井駅引上げ線は結果的に敷設されずに終わっている。西白井検車区の建設によって潰えたものとみられるが、引上げ線の用地は今も残されている。

130129_hs09

西白井駅の小室方で上下線間の間隔が開いているのは、そこが引上げ線の用地だったからである。

至って平凡な北総線1期区間、そこには計画から消された設備の名残が今も色濃く残っているのだった。