トップページ > 資料室:工務・技術 > 信号通信:北総線の配線略図と常置信号機の配置

公開日:2018年4月17日

信号通信:北総線の配線略図と常置信号機の配置

概要

北総線内の配線図をつらつらと書き並べたもの。配線図だけなら特に記事にするまでもないが,ここでは軌道回路の名称や転轍機の定位,常置信号機の建植位置,現示内容についても記載している。

先に断っておくと,このページに限らず全て趣味者がひたすら現地に足を運んで観察した結果を手作業で纏めたにすぎない。したがって,そんじょそこらの配線略図よりは細かく情報が入っていても,例えば半重複軌道回路であるとか,常置信号機の建植キロ程だとか,信号機間の現示関係については調査に至っていない。もっとも,北総線の列車密度を考えれば,これらのデータを完璧に揃えるのは難しいだろうという判断から調査していないのだが…。なお,図中の記号はJIS E3012で決められた図記号であり,これについて解説するつもりは毛頭ない。また,北総線に関係ない箇所は省略しているため,京成高砂駅や高砂検車区構内の情報は完全ではない。高砂検車区に至っては最も海側のG線しか描いていないし,京成高砂駅北方の信号機も北総線しか描いていない(実際には京成本線方面の○LN,金町線方面の○LK,さらに検車区を含む入換に使用する入換信号機と進路表示機が付く)。

さて,北総線の信号機は,1979年の1期開業当時から3位色灯式かつ3現示を基本として配置されてきた。軌道回路名称は原則としてキロ程で表され,