2018年4月1日公開・ 最終更新

信通保安通信:北総線の通信設備とCTC「HTC」のあらまし

黎明期におけるCTCと通信設備

省力化と合理化を旗印に,開業時から積極的な自動管理システムへの投資を行ってきた北総にとって,運行管理システムの導入は草創期より視野に入ったものだった。1979年の開業当初には,日本信号製NS3形CTC装置を新鎌ヶ谷信号所~小室間に導入。当時の直通先であった新京成よりも約10年早い導入であった。

NS3形CTC装置は,1972年に開発された中小私鉄向けCTC装置である。CTCの中央装置は

この記事の続きは会員向けに公開しています。
会員登録するログインすると全文を閲覧できます。