2018年3月23日公開・ 最終更新

記号番号表:北総7800形

2013年

M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7808-27807-17806-17805-17804-17806-17807-17801-2
7808車号78087807780678057804780378027801

2013年度の記号番号は上の通り。7808編成は見た目も性能もほぼ7300形と同一ではあるが,京成出自という事情もあってか「7800形」という全く異なる形式として扱われている。当然のように記号番号も別に与えられており,法令に基づく手続きも7300形とは別に行われている。

2014年度:7818編成しゅん功

M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7818-17817-17816-17815-17814-17816-17817-17811-1
7818車号78187817781678157814781378127811

7050形の代替としてやってきた7800形は長らく7808編成1本の存在だったが,7260形の代替としてようやく…念願の7800形2本目となる7818編成が2014年度末に仲間入り。

そんな7818編成の種車は3700形2次車。これは3700形5次車を種車とする7808編成とは機器の艤装が異なっていて,ほぼ1次車(=7300形)相当という代物。当然また別の記号番号が与えられることになる…。

2017年度:7828編成しゅん功

M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7828-17827-17826-17825-17824-17826-17827-17821-1
7828車号78287827782678257824782378227821

急増する7800形。3本目となった7828編成は3700形4次車を出自とする車。こちらは7808編成に近い艤装だが,またまた別の記号番号が与えられてしゅん功。

素人目には7300形も7800形もそう変わらなく映るのだろうが,法令に基づく登録は実はこんなに細分化されているのだ…というはなし。

2019年度:デジタルSR準備工事に伴う記号番号変更

M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7808-37807-17806-17805-17804-17806-17807-17801-3
7808車号78087807780678057804780378027801

2018年度より列車無線デジタル化に伴う準備工事が始まり,M2c車の記号番号が変更に…なったのは7808編成のみ。北総車全体を見渡しても7808編成以外は記号番号の変更が発生していない。

2020年度:補助電源装置・集電装置更新に伴う変更

M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7828-17827-27826-17825-27824-17826-17827-27821-1
7828車号78287827782678257824782378227821

補助電源装置のSIV化,ならびに集電装置のシングルアーム化によって,M1系各車とT車の記号番号が変更に。