トップページ > 資料室:車両 > 記号番号表:北総7800形

公開日:2018年3月23日

記号番号表:北総7800形

2013年

M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7808-27807-17806-17805-17804-17806-17807-17801-2
7808車号78087807780678057804780378027801

2013年度の記号番号は上の通り。7300形と別の記号番号が与えられているのは至極当然のことか。本当は7300形にまとめてしまいたいところかもしれないが,資産区分の問題か,詳しい事情はともかく,7800形を名乗る以上は申請図面も分けないといけないし,記号番号だって別に与えないといけないってワケ。図面上でも7300形とは別モノなのは言うまでもない。種車が京成3700形5次車ゆえに,同1次車相当の7300形2本とは機器配置に差があるわけだ(交流電源保護装置の搭載位置など)。

はてさて,この当時は7808編成しか居なかった7800形もその後増殖を続け…。7260形の代替としてようやく念願の7800形2本目を得たわけだが,そんな7818編成の種車は3700形2次車。これは5次車の7808編成とは機器構成が異なっていて,床下機器配置は1次車(=7300形)相当という代物。3本目の7828編成は3次車なので5次車の7808編成相当である。この辺の機器構成の違いを踏まえて,少なくとも7818編成では記号番号を別に与えて申請している可能性が十分に考えられる。となると,例えば7808-2Bだとか,7800-8Bのような記号番号を持つ車両がいてもおかしくはないのだが…。

ということで7818編成以降の記号番号がどうなっているか気になるところだよねって話。もちろん,2002年度のリース直後は7808編成のM2c車も7808-1だった可能性が大だし,これがいつ7808-2になったのかは調べる必要があろう。M2c車の記号番号が変わっている事象は7300形や9100形でも起きているが,これらはM2車まで改められており,7800形はM2車を7804-1のままとしているのだから,両者との違いを踏まえて把握する必要がある。

2018年

M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7808-27807-17806-17805-17804-17806-17807-17801-2
7808車号78087807780678057804780378027801
M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7818-17817-17816-17815-17814-17816-17817-17811-1
7818車号78187817781678157814781378127811
M2cM1TM1'M2TM1M2c
記号番号7828-17827-17826-17825-17824-17826-17827-17821-1
7828車号78287827782678257824782378227821

2018年度の記号番号は上の通り。2013年度の項に書いたように,2013年当時は1編成8両しか在籍していなかった7800形は,7260形の代替として2014年度,デジタル列車無線導入に向けた改造工事の予備車として2017年度にそれぞれ1編成が増備され,2018年度時点で3編成24両にまでその陣容を拡大した。

ところが,2014年度に導入した7818編成は3700形2次車に相当する3748編成,2017年度に導入した7828編成は3700形4次車に相当する3778編成をそれぞれ種車としている。したがって,これら2編成には,3700形5次車に相当する3808編成を種車とする7808編成とは製造年次の違いによる仕様差が顕れている。

この仕様差は機器の艤装にも影響していることから,北総としては7808編成と同じ記号番号で当局に登録することを控えたようだ。そもそも同じ記号番号で登録できる範疇がどれほどのものかというのは,法や省令に基づく車両確認業務に携わっている人間しか知りえないことで,今回の事例が「やろうと思えば同じ記号番号での登録が可能だった」可能性については否定できないが,少なくとも北総はその選択肢を使っていない。

さて,7818編成以降の記号番号だが,これは7800形に対する大規模な改造が2018年度時点で未だ行われていないことから,両編成ともに入籍当初からの記号番号がそのまま使われている。その付番法則は7500形や9200形で培われてきたものと異なり,7808編成と同様のもので,形式の基準となる車号にハイフン以下の枝番号で改訂履歴を示したものである。つまり,7818編成のM2車であれば7814号車が基準車両となるため,「7814-1」のように記号番号が付されている。今後この車両が改造等を受けた際には,「7814-2」と枝番号が進んでいくと見て良いだろう。

それにしても,一見すれば同じ外見の車両にもかかわらず,3編成が別々の記号番号で登録されて製造年次もあべこべな形式というのは実に趣深いものである…。