トップページ > 資料室:駅・旅客 > 乗車券類:北総線全券売機装填ロール調査(2018年度)

公開日:

乗車券類:北総線全券売機装填ロール調査(2018年度)

この調査は,北総線各駅の全ての券売機と精算機に装填されているロール紙について,毎年度末の指定した1日を調査日として一斉調査したものである。

高砂第一工廠における誰得かつ財布と時間を奪っていく徒労感マシマシな調査のひとつ。

調査結果

駅名種別番号機番機種駅名印字定期券発売地紋地紋の向き地紋の大きさ
新柴又券売機101MX-8新柴又なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
矢切券売機146MX-7矢切なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
北国分券売機101MX-8北国分なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
秋山券売機101MX-8秋山なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
東松戸券売機136MX-7北総東松なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
301MX-8ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
松飛台券売機101MX-8松飛台なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRピンク
大町券売機101MX-8大町なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
新鎌ヶ谷券売機101V7SK新鎌あり(新京成)PJRピンク
247MX-7北総新鎌なしPJRオレンジ
336MX-7ありPJRオレンジ
435MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
西白井券売機136MX-7西白井なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
白井券売機135MX-8※白井ありPJRオレンジ
236MX-7なしPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
小室券売機101MX-8小室なしPJRオレンジ
235MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
千葉NT中央券売機左147MX-7千葉NT中なしPJRオレンジ
左235MX-8※なしPJRオレンジ
左336MX-7ありPJRオレンジ
左401MX-8ありPJRオレンジ
精算機01AX-8――PJRオレンジ
02AX-8――PJRオレンジ
印西牧の原券売機101MX-8印西牧原なしPJRオレンジ
236MX-7ありPJRオレンジ
335MX-8※ありPJRオレンジ
精算機――01AX-8――PJRオレンジ
印旛日本医大券売機135MX-7印旛日医PJRオレンジ
201MX-8印旛日医PJRオレンジ
351MX-7京成日医なしPJR濃ピンク
精算機――01AX-8印旛日医――PJRオレンジ

表中の地紋については【ここ】を参照されたし。

2018年度雑感

2018年度の動きとしては,第4四半期に新柴又~印西牧の原の13駅でMX-7の1台をMX-8に改造したことが挙げられよう。

MX-7は導入から10年以上が経過したマルチ券売機で,各駅に1台以上配置されている最多機種であった。今回は京成でも同様の改造を行うことから,これに便乗するかたちで印旛日本医大を除く各駅の1台をMX-8に改造している。

この改造で注目すべきは,券売機の配置を変えている点に他ならない。MX-8化した券売機は他の券売機と場所を入れ替えているのだ。この過程において,従来のMX-8に存在しなかった定期券非発売機,すなわち緑色のMX-8が数駅で見られるようになった。

また,北総所有の券売機すべてからピンク色の券紙が見られなくなったのも特筆すべき点である。新鎌ヶ谷と印旛日本医大にはそれぞれ新京成と京成持ちの券売機があり,それらにはピンク色の券紙が装填されているが,社名変更からしばらくの間を除いて長らく使われてきたピンクのPJR地紋はここに幕を下ろしたことになる。また,券面の文字方向に対して地紋の向きが合っていない「縦」地紋も見られなくなった。北総の券紙は,券売機ではオレンジ色のPJR地紋(大小2種類),窓口処理機では青色のPJR地紋(大小2種類)と統一された。

2019年度に予想される展開としては,日医大を含めてさらなるMX-8化の進行があるだろう。